バックアップには外付けHDDがベスト

データのおすすめバックアップ方法とデータ復旧基礎知識
  • トップ >
  •  突然のハードディスクのトラブル、パニックになる前に

突然のパソコン故障にも慌てないよう、
大切なデータは普段からバックアップを
とりましょう。
バックアップ
大切なデータもバックアップさえとっておけば、万が一パソコンが起動しなくなったとしても安心ですよね。
バックアップにはDVD-Rを使っているという人が多いのではないかと思いますが、外付けHDDですと、記録時間もかからず、何枚にもわけて保存する必要もないので、とても便利ではないかと思います。
特に、フリーソフトを使えばバックアップの手間もなくなって非常に楽です。

使い方も至って簡単。まず事前に、バックアップするデータの保存先を、外付けHDDに作りましょう。
もし複数の人がパソコンを使っている場合には、まず個人用のフォルダーをつくったうえで、その中に保存用のフォルダーを作ります。


そしてフリーソフトを起動させ、自動バックアップの設定を行います。
そして、バックアップするデータを選び、外付けHDDのバックアップフォルダを選択します。
そしてバックアップ開始すれば、バックアップしたいデータが外付けHDDにコピーされるのです。


バックアップの設定を行う際には、自動バックアップする間隔を決める必要があります。
こまめバックアップは必要ですが、あまり頻繁すぎると、パソコンの動作が遅くなってしまうこともあるので、1日1回が目安ではないかと思います。
また時間帯に関しては、パソコンを起動している時間のなかでも、あまり頻繁に使わない余裕のある時間帯を選んだほうが良いと思います。


もちろん、パソコンの中身すべてをバックアップすることもできます。
こうしておけばいつパソコンが不調に陥っても安心ですよね。
とても便利な外付けHDD、使わない手はないと思います。


もし、バックアップをとっていなければどうなるのか。
データは消失してしまうので、データを取り戻すにはデータ復旧会社に依頼する必要があります。
HDD(ハードディスク)復旧なら実績No.1の日本データテクノロジーが有名ですよね。
ただ、時間も費用もかかるもので、仕事などには少なからず支障がでてしまいますよね。
いかにバックアップが重要かということがお分かりいただけたでしょうか?